BizBase テレマーケティング


機能一覧

BizBaseオフィスのスケジューラ等は標準で含まれています。

架電先管理 csv(任意項目の追加が可能)で取り込んだ架電先を管理します。電話番号、氏名、会社名などの基本情報に加えて任意の項目を作成することができます。架電先のターゲティングでは地域や業種などの属性情報に加えて、過去の架電履歴などの情報を組み合わせることができます。
架電先の情報と架電履歴、通話録音データなどPBXの情報はすべて統合的にデータ管理されます。

架電先管理の詳細はこちら
発信規制管理 架電先に対して発信規制の指定をすることもできます。発信規制の指定を行うとオペレータの架電画面へ表示されません。
架電中の設定、個別での設定、検索結果に対して一括での設定、CSVファイルを利用した一括設定に対応します。
発信規制の設定はコール中でも可能ですので、業務を中断する必要はありません。
IP-Phone連携
(IP-PBX)
BizBaseデータセンター内のIP-PBXと連携することができます。導入時に必要なのはオペレータのPCへのソフトフォンのインストールのみです。
IP-Phone連携を行う事でPBXの導入が不要となりロケーションフリーなコール運用が可能となります。
通話料は一般加入回線に対して、全国一律8.4円/3分となります。

IP-Phone連携の詳細はこちら
クリックコール・
オートコール
架電先の画面を参照しながら、画面のアイコンをクリックするだけで発信するプレビュークリックコールが可能です。
また、オペレータ毎に自動で発信するオートコールの設定も作業毎に指定することができます。

クリックコールの詳細はこちら
プレディクティブ
コール
(オプション)
あらかじめ指定されている架電リストに対して、システム側で先行して架電を行い、架電先が応答した場合のみオペレータへ接続します。応答率が低い架電リストの場合には架電効率を大幅に向上させることができます。

プレディクティブコールの詳細はこちら
トークスクリプト オペレーターの架電画面にトークスクリプトを表示させることができます。通話先の回答内容に応じて、分岐を選択ながらトークを進める事が出来るようになります。
スクリプトのフローはMicrosoft社のVisioファイルをそのままインポートすることができますので、特に複雑なフローの場合でも簡単に取込/表示することができます。

トークスクリプト管理機能の詳細はこちら
通話録音 内線(席)単位で通話録音の指定が可能です。また作業毎に録音するしないの設定を行う事もできます。
録音した通話録音データは架電の履歴と合わせて管理参照することができます。
通話録音データを一括ダウンロードすることができます。

通話録音の詳細はこちら
架電履歴管理 架電の結果を参照する機能です。結果は各種レポートやダッシュボードで分析することもできます。
架電履歴データはExcelファイルに一括抽出することもできます。

強力なレポーティング機能の詳細はこちら
再架電管理 架電先に再架電を行いたい場合、日時を指定登録することができます。
管理者側では再架電の登録状況や、再架電登録がされていて、かつ期日が過ぎて架電されていないリストを抽出することができます。

再架電先管理の詳細はこちら
架電設定 利用する接触履歴のテンプレート、メール送信・資料郵送の有無、n回コールで自動完了の設定、オートコール設定、作業の分担設定、担当者等、細かく指定できます。
通話履歴管理 架電の際に登録した内容を時系列、架電先別の履歴、担当者別に確認することができます。
履歴の確認の際には架電登録結果と連動して録音音声を再生することができます。
FAQ管理 架電するときに相手から質問されるよくある内容と回答する例をまとめて管理します。
オペレータは架電画面で分類ごとに整理されたFAQを効率よく参照することができるようになります。
FAQの取込は架電リストごとにCSVファイルから一括取込を行います。
レポーティング機能 ダッシュボードグラフの表示によりコール業務の全体を瞬時に確認することができます。
架電結果を時間、曜日、日、週、月などの単位で詳細な検証を行うことができます。

レポーティング機能の詳細はこちら
接触履歴管理 いつ、誰が、どの顧客と、どういった話をしたかを記録できます。履歴の様式(フォーマット)はテキストボックスやチェックボックスを組み合わせたテンプレートとして自由に作成できます。
作成した接触履歴テンプレートは架電作業ごとに関連づけすることができます。
アクション管理 架電中にメール送信、資料郵送の指定を行った場合、架電終了後に担当者毎、または、すべての架電を対象にして一括で対象先の抽出を行う事ができます。
メール送信の指定を行った場合、メール送信管理機能と連携します。
郵送の指定を行った場合、そのまま12マス(A4)のタッグシールを印刷することができます。(PDFファイルの生成)架電終了後の事務処理を大幅に効率化させることができます。
ポイント管理 接触履歴の登録や、架電ステータスの登録を自動計算し、オペレータにポイントを与えることができます。ポイント集計は週単位・月単位で行うことができます。
オペレータの活動量の数量的管理とともに、モチベーション管理、成果報酬の見える化を実現できます。
メール送信管理 特定の検索条件に当てはまる対象に、一斉に差し込みメールを送信する機能です。添付ファイルにも対応しています。
冗長化オプション
(サーバ版)
本番サーバとスタンバイサーバの2台構成とします。スタンバイサーバはホットスタンバイ構成となり、本番サーバに障害が発生した場合には、自動でスタンバイサーバへ切り替わります。ソフトフォンその他の設定を変更する必要はありません。
顧客管理 csv(任意項目の追加が可能)で取り込んだリストを管理します。受電した場合に顧客リストから検索した結果をスクリーンポップアップ表示することができます。
顧客ごとに、受電、問い合わせ、回答内容の履歴を管理することが出来ます。
自動音声応答(IVR) 電話を架けてきたお客様がプッシュボタンでメニューを選択し、指定したオペレーターグループへ着信させる、指定した外線番号へ転送するなどの設定が可能です。
メニューは多段階で構成することができ、また、曜日時間などの組み合わせで優先度を指定することも可能です。
着信呼自動分配
(ACD)
複数のオペレ-ターをグループで関連付けを行い、着信のルーティングを行うことができます。IVRの機能と組み合わせることで、お客様の要件に応じたオペレータグループに着信させることができるようになります。
ルーティングは、3つのパターンに対応します。
 グループ着信(一斉に電話が鳴ります)
 ラウンドロビン(順番に着信します)
 スキル優先度指定(オペレータのスキル順に優先着信します)
ご相談・資料請求はこちら

SFA/テレマーケティング/営業支援ツールBizBaseで業務を効率化!商談管理・接触履歴・営業日報・架電管理などで営業マンをサポートします。

株式会社アズベイス〒163-0638東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル38階 TEL:03-5909-0671FAX:03-5909-0672MAIL:info@asbase.jp

ISO27001 プライバシーマーク